So-net無料ブログ作成

努力の先にあるものとは~発表会を終えて [ピアノレッスン]





暑い日が続いていますね。


今週の月曜日(7月15日祝)に、私の教室の発表会を開催しました。

肌が痛いほどの暑さが続いていたものの、その日だけふっと暑さが和らいだのは、不思議です。


どの生徒さんも、努力の成果を十二分に発揮して、その姿に感動でした。


大体、終わったあとの表情を見れば、出来がどうだったか分かりますが、みんなが、その日の青空のように、晴れやかな表情だったのが印象的でした。



私の教室の発表会では、連弾を必ず取り入れています。

今回は、なんとほぼ全員の生徒さんが、お母さんとの親子連弾。


これだけお母さんが、ピアノでご参加いただける発表会はあまりないのでは、と思いました。



「家での練習では、普段にはない親子の会話ができて、新鮮でした」

そうおっしゃったお母様の嬉しそうな表情が忘れられません。



それほど広くない会場だったため、立ち見が多数出てしまったことだけが悔やまれますが、温かいお客様ばかりで、救われました。



講師演奏は、自分でアレンジしたものを弾きました。

「心に響きました」

というお声は、何よりの宝物です。



発表会後の「おめでとうパーティー」も盛り上がり、私自身も、本当にいい時間を過ごさせていただきました。



何かに向けて、ひたむきに努力することは、人生において大切な時間だと思います。

それは、何らかの形で、必ず自分のなかに残るものだから。


そうした貴重な時間を得られることは、ピアノをやっている人の特権かもしれません。


だから尊いのであり、かけがえがないのであり、幸せなのでしょう。




今回も、音楽の力と、生徒さんの笑顔に感謝の一日となりました。















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。