So-net無料ブログ作成

「ずむ・ずむ・りずむ リズムであそぶピアノブック」 [ピアノ教本]




春畑セロリ先生が、5冊に及ぶ「できるかな ひけるかな」という新シリーズをリリース。


今回は1冊目の、「ずむ・ずむ・りずむ リズムであそぶピアノブック」をご紹介いたします。


「リズム」に特化した教材で、タイトル通り、リズムで遊ぶことをコンセプトにしています。


ゲーム感覚でいろいろなリズムを体験します。

主にピアノ伴奏について、手拍子や体を叩いたり、動かしたりすることで様々なリズムに触れます。


本書で登場するキャラクターは、トロッポロ星に住むという設定の「ずむずむ」という動物。

ピアノ伴奏をする先生は「みゅるみゅるちゃん」という女の子の役をやりながら、子ども達とリズムで遊ぶ。


そんな流れになっています。



最初は単純な4分音符のリズムから始まり、3拍子や裏拍、シンコペーション、5連符、2拍3連、付点のリズム…などさまざまなリズムを体験していきます。


手をたたくことがメインになりますが、

「ちょびっとステップ・アップ」

というコーナーで、ピアノで弾いたり拍子を変えたりと、さらに学びを発展させることができます。



気づくのは「言葉」はリズムの基本で、そこから入るのが、子ども達がスムーズに学べる近道だということです。


この教材では身近な言葉(はち、みみずなど)とリズムを対応、さらにピアノ伴奏によって楽しく学べます。



教材の終わりの方では、これまでに体験したリズムを応用するかのように、

「ロック」「マンボ」「ボサノバ」「タンゴ」「サルサ」

などの曲が掲載されています。



これまで、こうしたリズムに特化した教材は、あまりなかったように思います。


また、小さいうちから様々なリズムに触れることは、きっとピアノの学習にもいい影響を与えるでしょうね。











★今日の一冊
「ずむ・ずむ・りずむ リズムであそぶピアノブック」春畑セロリ・著










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。