So-net無料ブログ作成

「こどものやさしい聴音」 [ピアノ教本]



ピアノの先生であれば、誰もが重視するのが「ソルフェージュ」です。


私も小さい頃から、ピアノを弾くことと同時に課題で与えられたのが、この聴音などの「ソルフェージュ」でした。


主に、旋律聴音や和声聴音など、しっかりと教わりました。


こうした経験は、後にピアノを弾く際に、また音楽の仕組みを深く学ぶ際に、大きく役立ったことは間違いありません。



和音の聴音で役立つ教材に、「こどものやさしい聴音」があります。


小さい子でも和音がわかりやすく学べるように、そして音感も付けられるような課題が並びます。


「うたいましょう」では、正しい音程で和音の構成音を歌う、「かきかた」では、全音符で構成音を書いて覚える。


歌ったり書いたりの反復練習を重ねながら、和音の聴き取りをしっかりと学んでいきます。



シンプルな課題だけに、子供たちも分かりやすく進められるテキストですね。





★今日の一冊
「こどものやさしい聴音」








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。