So-net無料ブログ作成
検索選択

ますこしょうこ先生の「生徒がやめない!ピアノ教室」 [書評]




出版されてから4か月、いまだに売れ続けている書籍、「生徒がやめない!ピアノ教室(ヤマハミュージックメディア)」


85名の生徒さんを一人で教える、ますこしょうこ先生が、ご自身の経験や実績を一冊にまとめた本です。



 【第1章】入門から10年の歩み

 【第2章】魅力ある教室であり続けるために

 【第3章】コンサートについて

 【終章】これからのピアノ教室


といった章立てで構成されており、巻末には「ふろく」として、


 ・体験レッスンメニュー例
 ・ますこぴあの教室アンケート~生徒たちの声~
 ・ますこぴあの教室 年間指導計画表
 ・レッスンノート例


が実例とともに掲載されています。



本書のテーマは、「いかに生徒に長くピアノを続けてもらうか」。個人的にポイントだと思った点は、


・初日(体験レッスン)で最大限に惹き付ける
子どもにも保護者にも未来を見せてあげる
・最初の3か月でこちらのペースに持っていく
・進歩を実感させる工夫をする
・コミュニケーションを密にする
・楽しいイベントで所属感を味わせる
・適切な目標を常に持たせる


こうした部分ではないかと思います。


挙げてみると、当たり前のように感じますが、実践となると簡単ではないのは、教室運営者ならばご理解いただけるでしょう。


特にイベントの開催には、時間や労力、金銭的なもの……。多くのものを投資する必要があります。


こうした点を乗り越え、レッスンからイベントまで、多彩に実践できるのは、やはり著者であるますこ先生の「生徒への愛情」でしょう。



「遠い親戚より、近くのピアノ教師


確かに親以外で、ピアノの先生ほど長きにわたって一緒にいる「大人」は多くありません。


子どもたちにとって、身近な存在であること、
一緒に将来を考えていける存在であること。


こうした点に、ピアノ指導だけにとどまらない、指導者に与えられた「役割」を感じます。




ピアノ教室運営者であれば、一読の価値がある一冊です。







★今日の一冊
「生徒がやめない!ピアノ教室(ヤマハミュージックメディア)」















メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。