So-net無料ブログ作成
検索選択

轟千尋先生の「いちばん親切な楽典入門」 [書評]






ピアノ教育業界で、今最も人気のある作曲家、轟千尋先生が、新刊を出されました。


「いちばん親切な楽典入門(新星出版社)」です。


巻頭の「はじめに」から引用すると、


「この本は、楽譜の本当の読み方を解説した本です」

「プロの演奏が素敵に聴こえるのは、ずばり、楽譜の本当の読み方を知っているから」



また、「この本の使い方」から引用すると、


「この本では、音の高さ・長さ、曲のノリ・つくり・表情・裏側の順に、楽譜の本当の読み方を学んでいきます」

「楽譜のルールがわかるだけでなく、演奏が素敵になって、鑑賞がよりおもしろくなる楽譜の読み方をわかりやすく解説」」



この本には付属のCDがあり、冒頭には轟先生ご自身の声で、この本についてお話されています。


「楽譜を読むこと、それはとっても楽しくてスリルがあって、ワクワクすることだと私は考えています」



また、このCDの演奏は、轟先生ご自身によるもので、素敵なピアノ演奏も聴くことができます。
 (Track65の「目をとじて」は素敵な曲ですね)


進め方としては、まずは楽典の知識を分かりやすく解説。その後「チャレンジ」という練習問題や「特訓!」というコーナーで、習熟度を高めます。



この本のタイトルに「いちばん親切な」とあるように、難しいイメージのある楽典を、分かりやすく解説しています。


難しい言葉を使わず、丁寧に解説している点、親しみやすいイラストなど、読みやすい配慮があります。


といっても、音楽の専門家やピアノの先生が読んでも勉強になるレベルの話も少なくありません。

たとえば、各所にある「作曲家のはなし」では、なるほどと思う話が散りばめられています。



轟先生もおっしゃっていますが、音楽で大切なのは「耳」であり、感じる心、ではないかと思います。


けれども、そのためにはある程度の知識は必要です。


私も以前、テレビでアメフトをやっているのを見て、まったくその面白さが分かりませんでした。

なぜなら、アメフトを「鑑賞して楽しむ」ための知識やルールを分かっていなかったから。


それが分かってからは、世界が変わったかのように、このスポーツの面白さが理解できるようになりました。


これと同じで、音楽も「聴いて」「感じる」ためには、ある程度の知識やルールを知っておく必要がある。

そのために楽典があり、本書は「見て」「読んで」、そして「聴いて」学ぶことができます。


しかもその知識は、素敵な演奏にまで昇華できる。



音楽に興味のある生徒に、まず最初に渡す楽典の本、として、これから活用される先生も増えるでしょう。






★今日の一冊
「いちばん親切な楽典入門(新星出版社)」
















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

努力の先にあるものとは~発表会を終えて [ピアノレッスン]





暑い日が続いていますね。


今週の月曜日(7月15日祝)に、私の教室の発表会を開催しました。

肌が痛いほどの暑さが続いていたものの、その日だけふっと暑さが和らいだのは、不思議です。


どの生徒さんも、努力の成果を十二分に発揮して、その姿に感動でした。


大体、終わったあとの表情を見れば、出来がどうだったか分かりますが、みんなが、その日の青空のように、晴れやかな表情だったのが印象的でした。



私の教室の発表会では、連弾を必ず取り入れています。

今回は、なんとほぼ全員の生徒さんが、お母さんとの親子連弾。


これだけお母さんが、ピアノでご参加いただける発表会はあまりないのでは、と思いました。



「家での練習では、普段にはない親子の会話ができて、新鮮でした」

そうおっしゃったお母様の嬉しそうな表情が忘れられません。



それほど広くない会場だったため、立ち見が多数出てしまったことだけが悔やまれますが、温かいお客様ばかりで、救われました。



講師演奏は、自分でアレンジしたものを弾きました。

「心に響きました」

というお声は、何よりの宝物です。



発表会後の「おめでとうパーティー」も盛り上がり、私自身も、本当にいい時間を過ごさせていただきました。



何かに向けて、ひたむきに努力することは、人生において大切な時間だと思います。

それは、何らかの形で、必ず自分のなかに残るものだから。


そうした貴重な時間を得られることは、ピアノをやっている人の特権かもしれません。


だから尊いのであり、かけがえがないのであり、幸せなのでしょう。




今回も、音楽の力と、生徒さんの笑顔に感謝の一日となりました。















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

つかまり立ちができるようになりました [その他世の中について]






早いもので、2人目の子どもも9か月となりました。



少しずつですが、いろんなことができるようになり、毎日が成長を感じる日々です。



最近、つかまり立ちができるようになりました。

にわかに自慢気な視線をこちらを向けています(笑)



彼のそんな後ろ姿を見ていると、立つこと、それだけでも奇跡的なことのように思えてきます。



身の回りに普通にあること、当たり前のように感じていること、気にしなければ通り過ぎていってしまうこと。


そうしたことに、感謝できるようになってきたのは、彼らのおかげです。




先日、「ママ(主婦の友社)」という絵本を読みました。


子育ては大変ですが、それ以上のものを受け取っているのだ、と感じさせる、いい本でした。

育児を楽しんでいる男の一人として、胸にきました。




今まで見過ごしてきた大切なことに気づかせてくれる。



そんな毎日に感謝しながら、過ごしていきたいと思っています。















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。