So-net無料ブログ作成
検索選択

轟千尋先生の「おぼろ月夜の主題による幻想曲」 [ピアノ曲]





懇意にさせていただいている、作曲家の轟千尋先生が、新たな作品を生み出しました。


「おぼろ月夜の主題による幻想曲」という作品で、今回は「全音ピアノピース」で登場です。


全音ピアノピース一覧表による「難易度」は、「D =中級上」とあります。


タイトルの通り「おぼろ月夜」の旋律をテーマにした、7ページにわたる作品。


「幻想曲」とは、形式にとらわれず、自由な楽想で展開する曲、幻想的な趣のある曲を指しますが、この作品も、「おぼろ月夜」という言葉が持つ幻想性と、曲の幻想的なニュアンスが融合した作品となっています。


ちなみに、こちらの「全音ピースサイト」で、実際の楽譜を見ながら作品を視聴できます。

★全音ピアノピース No.519
http://pianopiece.jp/911519-2




曲の冒頭の左手の伴奏はppで、うっすら光の差す古風な夜を表しているかのようです。


おもむろに現れるのが、「おぼろ月夜」の旋律。


D-durから突如、C-durに転調するところは、パッと雲間が晴れたような印象を受けます。



トレモロを主体とした幻想的な背景に、巧妙に調を変えながら、現れるテーマ。

繊細さとグランディオーソな部分が、変わりゆく月夜を表しているかのようです。


印象的な和声は、ドビュッシーラヴェルを彷彿とさせ、それがまた日本的な趣を醸し出しています。




私も実際に弾いてみましたが、何より感じたのが、

「聴き映えのよさと、弾きやすさ」


コンサートピースにふさわしい華麗さや、聴かせどころもしっかりあります。


また弾きやすさは、素晴らしいピアニストでもある轟先生ならではの、考え抜かれた技法と、ピアニスティックな発想によるものだと感じました。



耳になじみのある旋律なので、発表会の講師演奏などで演奏しても喜ばれそうですね。


(個人的には、なぜD-durを選ばれたのか、興味のあるところです)




轟千尋先生の世界観に触れられる作品。多くの人に親しまれていくことでしょうね。






★今日の一曲
「おぼろ月夜の主題による幻想曲」轟千尋・作曲















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

深見友紀子先生の「子どもと電子楽器」ワークショップのご紹介 [音楽お役立ち情報]




私が懇意にさせていただいている、京都女子大学教授の深見友紀子先生が、七夕の日に京都で、コンサートとワークショップ「子どもと電子楽器」を開催されるそうです。


ドラムの音で身体を動かすリトミックや、「リズムで世界一周旅行」など、楽しいワークショップや、シンセサイザーやドラムなどのコンサートも企画されているようです。


親子連れの方はもちろん、ピアノの先生も楽しめそうですね。


入場無料ですが、定員があるため、予約が必要のようです。



以下、深見先生からのご紹介文です↓


「子どもにとってリズムや音、最新の電子楽器との出会いは大切。
日頃あまり触れることのないシンセサイザー、電子ドラム、電子パッドなどを体験できます。
子どもたちとご家族、保育者・教師の皆さん、是非お越しください。
もちろん電子楽器が好きな人もどうぞ! 私もちょっと演奏します」



七夕の日に、お子さんと電子楽器に触れてみてはいかがでしょうか。

(お申し込みは深見先生に直接メールでお願いいたします↓)




■「子どもと電子楽器 コンサート&ワークショップ」

日時:2013年7月7日(日) 14:00~16:00
場所:京都女子大学 幼児教育棟 地階 U002(音楽講義室1)
出演:深見友紀子(ナビゲーター)、篠田元一(シンセサイザー)、鈴木正樹(電子打楽器)、前田遼二(シンセサイザー)
交通アクセスhttp://www.kyoto-wu.ac.jp/access/
問い合わせ・予約:fukami@kyoto-wu.ac.jp








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「いいこと質問」 [ピアノレッスン]





私が、レッスンの始めに聞くことがあります。


「最近あった、いいことは?」


すると、小さい子も大きい子も、あれこれ考え始めます。

私はこれを「いいこと質問」と呼んでいます。


いろんな事件の報道ばかりの世の中。ともすると、よくないことばかりに目を向けてしまいがちです。

子どもたちには、せっかく大切な毎日を過ごしているのだから、いいことにフォーカスして日々を送って欲しい。



人は質問されると答えたくなるものです。

「いいこと質問」をすると、子供たちもいいことを探し始めます。


最初はだいたい答えられません。けれども、毎回聞いていると、普段から意識して過ごすようになるようで、答えてくれるようになります。


ポイントは、「最近いいことあった?」とは聞かないこと。

こう聞くと大抵は、あんまりない、と答えます(笑)




ポジティブな質問には、ポジティブな答えが返ってくる。


レッスン室を、ちょっとだけあったかくする質問をしていきたいものです。










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「ずむ・ずむ・りずむ リズムであそぶピアノブック」 [ピアノ教本]




春畑セロリ先生が、5冊に及ぶ「できるかな ひけるかな」という新シリーズをリリース。


今回は1冊目の、「ずむ・ずむ・りずむ リズムであそぶピアノブック」をご紹介いたします。


「リズム」に特化した教材で、タイトル通り、リズムで遊ぶことをコンセプトにしています。


ゲーム感覚でいろいろなリズムを体験します。

主にピアノ伴奏について、手拍子や体を叩いたり、動かしたりすることで様々なリズムに触れます。


本書で登場するキャラクターは、トロッポロ星に住むという設定の「ずむずむ」という動物。

ピアノ伴奏をする先生は「みゅるみゅるちゃん」という女の子の役をやりながら、子ども達とリズムで遊ぶ。


そんな流れになっています。



最初は単純な4分音符のリズムから始まり、3拍子や裏拍、シンコペーション、5連符、2拍3連、付点のリズム…などさまざまなリズムを体験していきます。


手をたたくことがメインになりますが、

「ちょびっとステップ・アップ」

というコーナーで、ピアノで弾いたり拍子を変えたりと、さらに学びを発展させることができます。



気づくのは「言葉」はリズムの基本で、そこから入るのが、子ども達がスムーズに学べる近道だということです。


この教材では身近な言葉(はち、みみずなど)とリズムを対応、さらにピアノ伴奏によって楽しく学べます。



教材の終わりの方では、これまでに体験したリズムを応用するかのように、

ロック」「マンボ」「ボサノバ」「タンゴ」「サルサ」

などの曲が掲載されています。



これまで、こうしたリズムに特化した教材は、あまりなかったように思います。


また、小さいうちから様々なリズムに触れることは、きっとピアノの学習にもいい影響を与えるでしょうね。











★今日の一冊
「ずむ・ずむ・りずむ リズムであそぶピアノブック」春畑セロリ・著










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ひとつの区切りにあらためてピアノレッスンを考える [ピアノレッスン]





人は職場で成長する、と言います。


ピアノの先生の場合、外部講師として務めていた現場で学ぶことは少なくありません。


これは私自身、心から感じています。


先日、9年間お世話になった教室を退職いたしました。

ドイツ留学を終え、まったく仕事がない状況で途方に暮れていた頃、採用が決まった時は感謝の気持ちしかありませんでした。



はじめての生徒さんは、3歳の女の子

小さい子と向き合うこと自体、初めての経験。戸惑うことも少なくありませんでした。


自分の音楽を追い求めて、作曲家の思想、世界観、精神性に一歩でも近づこうともがいていた留学時代。

そこにある孤独な世界と打って変わって、小さい子どもたちと向き合う世界。


そのギャップも新鮮でした。



9年も教えていると、生徒さんとの思い出もたくさんありますが、それ以上に、彼ら彼女たちから学ばせていただいたことは数限りなくあります。


教えることは、教わること」

まさにその通りだと思います。



「伝わらないのは、伝え方が悪いから」

「こっちを向かないのは、そこに足りない何かがあるから」

「夢を語らないのは、引き出し方がよくないから」


多くの場面に遭遇しながら、「ならばどうする?」と考え続けたことは、意味のある時間だったと振り返ります。



受付の方も素敵な方ばかりで、たくさん助けてくださいました。

特に、教室にいた2年前の震災の日には、本当にお世話をいただきました。



私が幸運だったのは、どの生徒さんもいい子で、どの保護者の方も素敵な方ばかりだったこと。


最後のレッスンの日に、どの保護者の方も、「残念です」とおっしゃってくださったことが、救いでした。




初めてきた3歳の女の子も、中学1年生。

別れのときの握手。9年前の初めてのレッスンで握った、小さい手を、思い出しました。



こちらの教室でのレッスンは、ひとつの区切りとなりましたが、レッスンはこれからも続きます。


感謝の気持ちを抱きながら、今いる生徒さん、そして未来の生徒さんと、真摯に向き合っていくだけです。









nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。