So-net無料ブログ作成
検索選択

「あなたがピアノを教えるべき11の理由(飯田有抄・構成・解説)」 [書評]





以前、「あなたがピアノを続けるべき11の理由」という書籍をご紹介いたしました。



先日、この続編とも言える本が出ました。


「あなたがピアノを教えるべき11の理由(飯田有抄・構成・解説)」
前書が、ピアノを弾く・学ぶ人への提言でしたが、今回はピアノ指導者への提言としての一冊です。



「はじめに」にもあるように、


「『ピアノを教える』という教育活動をあらためて考える」

「どのような意義があり、何が求められているのか」


をテーマとして、「ピアノを教えることの意味」を考えるものとなっています。



今回も、ピアノ指導者やピアニストはもちろんのこと、幅広い分野での第一人者が寄稿しています。


なかでも、生物学者の福岡伸一さん、公文の三宅良寛さん、などは、およそピアノとは関係ない人物。

けれども多くの場合、新しい知見はおよそ分野の違う人の視点から生まれるもの。


今回の人選も、おそらくそうした意図で、行われたのでしょう。



11人の専門家が考える、「ピアノを教えるべき理由」。
具体的な内容はお読みいただくとして、個人的には、


「生物と無生物のあいだ」で有名な、福岡伸一さんの、

「教育の目的とは、この『センス・オブ・ワンダー』の『ありか』を子供たちに伝えること」



ピアニストの舘野泉さんの、

「本を読むことも遊ぶことも、私にとってはピアノから遠いものではなく、すべてが一つにつながっている」



吹奏楽指導者の石田修一さんの、

「たった一つの音をポンと鳴らすだけでも、そこには千の表情をつけることができる」

「幸せとは、人に感謝し、人のために自分が何かをしてあげられること」



公文公教育研究所社長の三宅良寛さんの、

「指導者は自分自身が学び続ける存在であるべき」



などは、ピアノ指導者として大切なマインドとして、心に残りました。



文量はそれほど多くありませんが、あらためて「指導者とは?」を考えるきっかけとなりました。


欲を言えば、もう少し、音楽やピアノ業界ではない、全く違う分野の方のお話もあれば、と言うところですね。



いずれにせよ、今ピアノを教えている人、これから教えようと思っている人には、心に残るフレーズがたくさんある。


そんな一冊ではないかと感じました。






★今日の一冊
「あなたがピアノを教えるべき11の理由(飯田有抄・構成・解説)」ヤマハミュージックメディア







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

一足早い、桜の開花のような、嬉しい連絡 [ピアノレッスン]




先日、「音大に合格しました!」という連絡がきました。


以前、レッスンをさせていただいていた子で、夢もエネルギーもある子です。


口にする夢や目標を、次々と実現させていくので、こちらも見ていて気持ちがいいくらいです。



ただ、その裏にはおそらく想像できないほどの努力があるはず。

きっと悔しい涙を流したこともあるでしょう。


それを見せないところ、そして決めた道をどんどん進んでいく姿。

このあたりは、こちらも啓発される部分が少なくありません。



これから始まる新しい生活で、同じように辛いこともあるかもしれません。


けれども、おそらく大丈夫でしょう。


なぜなら、それを越えたところに、「人生で大切なもの」が待っている、と知っているでしょうから。




一足早い、桜の開花のような、嬉しい連絡でした。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

これからの音楽出版についての勉強会 [音楽]




先日、これからの音楽出版についての勉強会に参加してきました。


会場は、懇意にさせていただいている深見友紀子先生のご自宅。

ご参加は15名ほどで、出版関係の方やミュージシャン、ウェブデザイナさんなど、幅広いジャンルの方々がいらっしゃっていました。



楽譜の電子化やこれからの音楽出版のあり方、出版界の現状など多くの学びがありました。



個人的には、楽譜はやはり紙で持っていたいほうです。

けれども、これからは「楽譜のあり方そのもの」が、もしかして変わっていく可能性もありますね。



いずれにせよ、音楽は普遍なわけですし、

「自分がどう楽譜と関わっていくか」

のスタンスを明確にしておくことは、音楽をする者、あるいは伝えていく者として、必要不可欠になってきている。


そう自覚していくことが重要なのでは、とあらためて感じました。



貴重な学びの場をご提供くださった深見先生、たくさんの情報をいただいたご参加の皆様に心から感謝いたしております。


ありがとうございました。










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

toi,toi,toi [留学時代の思い出]




子どもが小さいこともあって、教育テレビを見ることもあります。


教育をテーマにしているだけあって、子供向けであるにも関わらず、こだわった番組制作をしていることを感じます。


デザイン「あ」、などは誰でも持っているアーティスト性をくすぐるかのような内容。

どれだけ制作に時間をかけているのだろう、と思ったりもします。



別の番組ですが、「toi,toi,toi」という歌が流れ、ドイツ留学時代を思い出します。


演奏会などの本番前は、ドイツ人の友人が必ず「toi,toi,toi」と言ってくれました。これは、「うまくいくおまじない」のようなものです。



また演奏前に必ずかけてくれる言葉が、「viel Spass!(楽しんでね!)」。

人前での演奏は緊張するものですが、彼らに流れているものは、やはり「音楽は楽しむもの」という考え方なのでしょう。


また、練習室の前で会ったときも同じ言葉をかけてくれます。

練習は辛いものでもありますが、楽しんでやってこそ音楽。


その言葉に、「今日も楽しんで練習しよう!」と思った記憶があります。




ピアノや音楽に限らず、毎日を、そしてこの一瞬一瞬を楽しんでいるか。味わっているかどうか。


このあたりに、人生を充実させるヒントがあるような気がします。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。