So-net無料ブログ作成

「保育のオモシロゲームあそび」 [ピアノレッスン]





小さい子と接する機会が多いのがピアノ教室。

この点、「保育の現場」から学ぶことは少なくないと思っています。



先日、書店で見つけた書籍に、「保育のオモシロゲームあそび (井上明美・著・編集 自由現代社)」があります。



本書では、幼稚園などの保育の現場で使える遊びやゲームなどのネタが、71種類掲載されています。

※ちなみにこの書籍は計4冊のシリーズ本となっています



特徴的なのは「あそび」や「ゲーム」の内容を、


・動いてあそぶ
・作ってあそぶ
・歌ってあそぶ


の3つに分類して、紹介している点。


「動いてあそぶ」は、伝言ゲームや輪になって遊ぶゲーム、「作ってあそぶ」は、紙コップやストローなどでの工作、「歌ってあそぶ」は、手遊び歌などを紹介しています。



ピアノのレッスンでも、3~4歳からいきなり鍵盤で、というわけにもいかない場合が多いため、本書にあるような手遊び歌は使えますね。


また、生徒さんが集まるお楽しみ会やクリスマス会などでも、ちょっとしたゲームや遊びがあるだけで、会がグッと盛り上がります。



そういうこともあり、こうした「保育の現場」で使われている教材に目をつけることも、ピアノ指導者にも有効かと思います。



楽しいレッスンや、ソルフェージュ、イベントのために、幅広い視野を持っていたいと思っています。






★今日の一冊

「保育のオモシロゲームあそび (井上明美・著・編集 自由現代社)」








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。