So-net無料ブログ作成
検索選択

ひとつの区切りにあらためてピアノレッスンを考える [ピアノレッスン]





人は職場で成長する、と言います。


ピアノの先生の場合、外部講師として務めていた現場で学ぶことは少なくありません。


これは私自身、心から感じています。


先日、9年間お世話になった教室を退職いたしました。

ドイツ留学を終え、まったく仕事がない状況で途方に暮れていた頃、採用が決まった時は感謝の気持ちしかありませんでした。



はじめての生徒さんは、3歳の女の子

小さい子と向き合うこと自体、初めての経験。戸惑うことも少なくありませんでした。


自分の音楽を追い求めて、作曲家の思想、世界観、精神性に一歩でも近づこうともがいていた留学時代。

そこにある孤独な世界と打って変わって、小さい子どもたちと向き合う世界。


そのギャップも新鮮でした。



9年も教えていると、生徒さんとの思い出もたくさんありますが、それ以上に、彼ら彼女たちから学ばせていただいたことは数限りなくあります。


教えることは、教わること」

まさにその通りだと思います。



「伝わらないのは、伝え方が悪いから」

「こっちを向かないのは、そこに足りない何かがあるから」

「夢を語らないのは、引き出し方がよくないから」


多くの場面に遭遇しながら、「ならばどうする?」と考え続けたことは、意味のある時間だったと振り返ります。



受付の方も素敵な方ばかりで、たくさん助けてくださいました。

特に、教室にいた2年前の震災の日には、本当にお世話をいただきました。



私が幸運だったのは、どの生徒さんもいい子で、どの保護者の方も素敵な方ばかりだったこと。


最後のレッスンの日に、どの保護者の方も、「残念です」とおっしゃってくださったことが、救いでした。




初めてきた3歳の女の子も、中学1年生。

別れのときの握手。9年前の初めてのレッスンで握った、小さい手を、思い出しました。



こちらの教室でのレッスンは、ひとつの区切りとなりましたが、レッスンはこれからも続きます。


感謝の気持ちを抱きながら、今いる生徒さん、そして未来の生徒さんと、真摯に向き合っていくだけです。









nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 3

成田祐可

コメント
by 成田祐可 (2013-06-13 12:52) 

成田祐可

私も卒業した学校の付属の教室で、5年間働きました。始めは何も分からず、本当に苦しみました。2年頑張ろう・・そう言い聞かせて働きました。でも生徒に助けられ、父兄に励まされ、しだいに楽しくなった頃、新しい自分を見つけるために教室を辞めました。最後のレッスンは泣かない!って決めてたのに、教室を辞めた生徒までが来てくれて、本当に幸せだったと生徒達と泣きました。あれから10年。今でもあの時の生徒達とは1年に1回、飲み会をしてます。大切な思い出は、大切な音楽仲間を作ってくれました。
by 成田祐可 (2013-06-13 13:03) 

lila

成田先生、コメントありがとうございます。
お世話になった教室には、感謝の気持ちしかありませんよね。
今でも生徒さんとのお付き合いがあるのは、素敵なことですね。
ありがとうございました。
by lila (2013-10-22 15:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。